MENU
  トップページ
  旅日記
  姫路城
  モネの庭
  なばなの里
  淡路夢舞台
  有馬温泉
  砥峰高原
  弓削牧場
  灘の酒蔵巡り
  別子銅山
  ホール・オブ・
      ホールズ六甲

  明日香村
  丹波焼きの里
  明石海峡公園
  棚田・段畑
  談山神社
  おふさ観音
  須磨離宮公園
  姫路バラ園
  生石高原
  花の寺巡り
  趣味の書画
  ガーデニング
  雑記
  ご挨拶
  青翠ブログ
  サイトマップ
銅製台所用品


ふんわり焼ける
銅製卵焼き



まろやかなおろしができる
銅製のおろし金



素材の繊維を壊さず
滑らかな仕上がり

薬味おろし器


熱伝導にすぐれ、
食材をからっと揚げます

フォンジュセット


銅製親子鍋

 ほかにも色々ありま
 す。画像をクリックして
 ご覧ください。


 銅は熱伝導が鉄の約
 4倍、アルミの1.5倍あ
 ります。その熱伝導の良
 さでやわらかく熱が伝わ
 り、焼きむらや焦げ付き
 が少なく調理できます。
 また銅のおろし金の刃は
 鋭く、食材の繊維を壊さ
 ないのでなめらかなおろ
 しができます。














     

 別子銅山愛媛県新居浜市

日本の三大銅山のひとつ、別子銅山は元禄4年に開坑され、昭和48年に閉山されました。
かつては世界一の産銅量を誇った別子銅山は約300年の時を経て、今、山深く静かに眠りに
ついています。

マイントピア別子(別子銅山観光ランド)

  
〒792-0846 愛媛県新居浜市立川町707-3
     
TEL:0897-43-1801
     
FAX:0897-43-4020
      http://www.besshi.com

マイントピア別子は銅山の産業遺産を活かして作られた
テーマパークで、端出場(はでば)ゾーンと東平(とうなる)ゾーンに分かれています。
  

天空の歴史遺産・東洋のマチュピチュ  −東平ゾーン−



標高750mの位置にある東平は、別子銅山最盛期に採鉱本部が置かれ、昭和43年に休止するまで約3800人もの人々が暮らし、賑わっていました。
現在に残る産業遺産はペルーのインカ遺跡「マチュピチュ」を彷彿させ、東洋のマチュピチュと呼ばれます。


花崗岩で作られた貯蔵庫跡(運ばれてきた鉱石を一時的に貯蔵するためのもの)




     索道停車場跡


 

鉱石の運搬はもちろんのこと、生活用品、郵便物まで運んでいました。
  インクライン跡

 索道で運ばれた物資を
 ケーブルカーで上げ下
 げしていました。
 そのインクラインは220
 段の階段として残ってい
 ます。
 駐車場からこの階段を下
 りて、索道停車場跡や貯
 蔵庫跡に行くことができ
 ます。
 8月なのに両脇には紫陽
 花が咲き、標高750mを
 実感させてくれました。
保育園跡 配給所跡 病院跡 娯楽場跡
            マイン工房

   旧保安本部の建物をを利用した工房では銅工芸を楽しむ
   ことができます

  かつて4000人近くの人々が住んでいたところがこうも変化するものかと、驚きを禁じ得ませんでした。
  昭和43年の休止から40年あまり、かつての繁栄のあとは跡形もありません。
  町は森に飲み込まれ、わずかに苔むした石垣がそこに人が住んでいたことを教えてくれるばかりです。

  東平への道は狭く、対向車に出会わないことを念じながらの走行でした。
  ところどころに待避場所があります。とにかく安全運転でいってきました。


          鉱山鉄道・砂金採り・観光坑道  
−端出場ゾーン−

 

 東平ゾーンから車で25分、マイントピア別子端出場ゾ−ンには観光坑道があります。
 坑道入り口までは鉱山鉄道に乗り、当時のまままの鉄橋やトンネルを走ります。
 すごく期待していたのですがあまりにも短い距離でちょっと拍子抜けしました。

 
橋を渡って坑道へ 端出場坑道 坑道内 なんとこの涼しさ
 江戸時代の採鉱再現人形

 江戸時代の過酷な採鉱の
 様子を人形模型で再現して
 います。

     体験ゾーン

 削岩機の振動を体験したり、
 背負子で運んだ荷物の重さ
 を体験したりできます。



 マイントピア別子端出場ゾーンは観光色が強
 く、端出場記念館の1Fには土産物売り場、
 2Fにはレストラン、3Fには宴会場、4Fには
 温泉があります。

 観光坑道の見学・鉱山鉄道・砂金堀体験は
 有料です。

 東平ゾーンの産業遺産見学は無料です。


 家族連れなら端出場ゾーンがお勧めです。
 大人は(というか、私は)東平ゾーンの東洋の
 マチュピチュが気にいりました。



    



                             ▲一番上に戻る



        Copyright(C)すてきな熟年ライフ−花のあるくらし− All right reserved
日本三大銅山
 別子銅山
     (愛媛県)

 足尾銅山
      (栃木県)


 日立銅山
      (茨城県)


出会った草花