MENU
  トップページ
  旅日記
  花の寺巡り
  関西花の寺とは
  高源寺
  石光寺
  当麻寺西南院
   如意寺
   隆国寺
   金剛寺
   子安地蔵寺
   観音寺
   白毫寺
   金剛院

   観心寺
   高照寺
  永澤寺
  岩船寺
  浄瑠璃寺
  長岳寺
  船宿寺
  久安寺
  楞厳寺
  法金剛院
  鶴林寺
  般若寺
  麻耶山天上寺
  趣味の書画
  ガーデニング
  雑記
  ご挨拶
  青翠ブログ
  サイトマップ
花の寺関連ブック

関西花の寺二十五カ所
巡礼
 藤井金治写真集




花寺和尚の
心の花が開くとき




関西花の寺二十五カ所
の旅




 
 
 
花の寺第二十五番 観心寺(かんしんじ)


〒586-0053

大阪府河内長野市
        寺元475


TEL0721-62-2134
      
 
 
拝観:9:00〜17:00
拝観料:300円
駐車場:有り


    


観心寺は楠正成ゆかりのお寺で、正成の銅像があります。

楠正成が神戸の湊川で討ち死にした後、首級が当寺に送り届けられ、首塚として祀られています。


樹齢250年を越す古木が残る梅林は山門をくぐってすぐ左にあります。
見頃は2月下旬から3月上旬です。
訪れた4月9日はもちろん梅の花を見られるなどと期待していませんでしたが、わずかに残っていて感激でした。





観心寺は梅、桜、椿、つつじなど、花に包まれたお寺です。
                      境内には椿もいっぱい咲いていました。
              木戸をあけると竹林があり、シーンとした空気がただよっています。
                   

足をのばせば「桃源郷」

もときた道をそのまま引き返すのも芸がないなあということで、少しだけ回り道をしました。

紀ノ川沿いに開けた和歌山県の桃山町に行ってみました。桃山町はその名が示すとおり、桃の産地です。
花の時期には町全体がピンク一色にそまり、まるで桃源郷です。
和歌山県に春の訪れを知らせる桃の花。数ヶ月後には桃がたわわにみのるのでしょう。
お地蔵さまも桃をバックにきもちよさそうです。


               ▲一番上に戻る 花の寺についてのページに戻る



       Copyright(C)すてきな熟年ライフ−花のあるくらし− All right reserved
観心寺の情報
 宗派:真言宗

 ご本尊:
    如意輪観世音菩薩


 花の見頃
 ・桜(4月上旬〜)
 ・ツツジ・サツキ
    (5月上旬〜)

 ・スイレン(7月上旬〜)
 ・サルスベリ
   (8月下旬〜)

 ・紅葉(11月上旬〜)
 ・椿
 (1月上旬〜2月下旬)

 ・ウメ
 (2月下旬〜3月上旬)


 2011/4/9の草花  

シャガ


ボタン





スミレ





ヤマブキ


いろはもみじ


ムスカリ




アオキ


椿


辛夷