MENU
  トップページ
  旅日記
  姫路城
  モネの庭
  なばなの里
  淡路夢舞台
  有馬温泉
  砥峰高原
  弓削牧場
  灘の酒蔵巡り
  別子銅山
  ホール・オブ・
      ホールズ六甲

  明日香村
  丹波焼きの里
  明石海峡公園
  棚田・段畑
  談山神社
  おふさ観音
  須磨離宮公園
  姫路バラ園
  生石高原
  花の寺巡り
  趣味の書画
  ガーデニング
  雑記
  お買い物
  ご挨拶
  青翠ブログ
  サイトマップ

     

 モネの庭」マルモッタン       

 〒781-6441
 高知県安芸郡北川村
           野友甲100


 TEL:0887-32-1233

 
 モネの庭ホームページ

 入園料:700円
ふるさとの高知県にモネの庭が誕生したのは2000年4月のこと。ずっと行ってみたいと思っていました。
念願かなって訪れたのは2012年8月の暑いさ中のことでした。

まずは「水の庭」です。
道の両脇に夏の花が咲く小道を進むと、目の前にモネの描いた絵画と同じ庭が現れました。
モネが熱望しながら、熱帯性であるためジヴェルニーでは咲かせられなかった青いスイレンも花開いていました。もし開花していたら、モネはどんな風に描いたでしょうか。
ところどころに休憩所があり、さわやかな風が通り過ぎていきます。

「水の庭」のほかに「光の庭」、「花の庭」がありますが、今回は「水の庭」を中心に見て回りました。
この後は食事とお買い物です。
「水の庭」の反対側には「花の庭」があります。その手前にはショップやレストラン、手作り工房があります。
レストラン「モネの家」は変わった色使いです。モネのキッチンをモチーフにしているそうです。
ここで食べた夏野菜カレー、おいしかったわ〜。
この小道は「花の庭」に通じています。ここから先は次回にお取り置きです。
本家の庭園管理責任者の指導の下に草花を植栽し、モネの絵画のような庭を作り上げたそうですから、大いに期待したいです。
        

ここ北川町には、坂本竜馬とともに維新回天に尽くした幕末の志士、中岡慎太郎の資料館があります。
生家や墓地など慎太郎にまつわるスポットもいくつかあります。
 


▲一番上に戻る

                             



        Copyright(C)すてきな熟年ライフ−花のあるくらし− All right reserved
睡蓮苗・鉢










今日の花