MENU
  トップページ
  旅日記
  花の寺巡り
  趣味の書画
  ガーデニング
  四季の庭
  作業のようす
  私のバラ図鑑
  雑記
  ご挨拶
  青翠ブログ
  サイトマップ

      


作業のようす


◆平面アーチの設置

使用したのはこのアーチです。
これなら平面なので駐車場の横の狭い場所に設置できると思ったのですが、こんな脚が届いたのです。幅が広すぎます。返却も考えたのですが、また梱包するのも面倒だしなんとか設置することにしました。
足を斜めにすればいいことに気がついたの。
一つのアーチに脚は4本ですからその2倍の8個の穴を掘ります。
これだけなら何とかなりますが、問題は地面の傾斜に対して垂直に設置することです。
アーチは2個なので合計8本の足を少しずつカットして、傾斜地に垂直に立ててくれました。
工務店はいつもの婿殿です。お世話になりました。今度からは工事をしてくれる婿殿に相談してから買いますね。




◆レンガの花壇作り
花壇というより、鉢隠しといった方がいいですね。
ホームセンターで安売りの時に購入したレンガで、夫が積んでくれました。
¥58×80個=¥4640  それにインスタントセメント代(¥1000くらいだったかな)で超安上がり。
その様子はこちらのブログでごらんください   ついにとりかかりました




◆小径作り
 一番最初にしたのは小径作りです。家族総動員で作業しました。
 こんな感じかな?と仮置きしてからとりかかりました。孫もお手伝いです。
細長い土地に真っ直ぐな小径をつけると庭が狭く感じると本に書いてあったので少しカーブさせました。
小径の先にメインの庭があります。
小径は幅50cm、全長12mです。レンガは136枚使いました。
費用:128円×136枚で17.408円也。




◆地面をデザインする
 泥はねをなんとかしなければ・・・・ということで、地面にレンガをはることにしました。
 テラコッタの半円の外側にレンガを3列並べただけの簡単なものです。

 作り方の質問が寄せられるので簡単に説明します。
 中心部分のパーツ
 半円にする場合は
 2個使用
 その外側のパーツ
 半円の場合、2列目用
 は4個、3列目用は6個
 使用
 できあがりの高さから、
 レンガの厚み分、地面
 を削る
 スコップよりも、こんな
 鍬が便利
素人のすることですから出来映えは??
でも自分で作るって楽しいです。
雨降って地固まるのたとえ通り、レンガはしっかりおさまってくれます。
 円に沿ってレンガを並
 べる
 土をのせる  ほうきで掃いて仕上がり




◆簡単花壇に挑戦
アーチをあらたに2つ設置しました。
アーチの間にはバラを3本植えたいのですが、そうすると混み合います。そこで苦肉の策です。
真ん中にこんな花壇を作りました。
両サイドの地面に1本ずつ地植えしても、高低差があるので多少ましかなと思います。

コーナー用のパーツと平面用のパーツをブロック用の接着剤でくっつけただけの簡単花壇です。
作りたい場所に直に置いて作りました。
本当はこんな時期に植え替えしてはだめなんですけど、どうしても植えてみたくて、土をくずさないように鉢からそのまま取り出して植えました。
 




◆駐車場脇の花壇
 駐車場の脇に作られた幅30センチの小さな花壇、道路の傾斜にあわせて作ってあるので花壇も傾斜して
 るの。何が困るって、水遣りするたびに土が流れていくこと。
 どうにかしたい、思いついたのがこの枕木風のブロック。ところどころにベルギーブロックを配して囲いを作
 りました。もうこれで土は流れていきません。それに、殺風景だった花壇にもめりはりができて一石二鳥。
    



◆グランドカバー



グランドカバーに何を使うか悩みました。こんな狭い場所で芝にすると、柵のない花壇に入り込んでしまいますから、これは却下。
他の草花に悪影響を与えないものということで姫竜を選びました。
今は隙間だらけですがそのうち地面を覆ってくれると期待しています。
庭は完成することはありません。日々変化、日々試行錯誤です。それがまた楽しいの。
駐車場と玄関の境目はコンクリートで塗りつぶしてありましたが、後から10cm幅の隙間をあけてもらいました。ここには常緑のセダムを数種類植えました。
増えたらカットするだけの手間いらずで、年中緑というのもうれしいです。

▲一番上に戻る

                               


               Copyright(C)すてきな熟年ライフ−花のあるくらし− All right reserved
花木苗の店

日本花卉
ガーデンセンター


イングの森

千草園芸

おぎはら植物園