MENU
  トップページ
  旅日記
  花の寺巡り
  関西花の寺とは
  高源寺
  石光寺
  当麻寺西南院
   如意寺
   隆国寺
   金剛寺
   子安地蔵寺
   観音寺
   白毫寺
   金剛院

   観心寺
   高照寺
  永澤寺
  岩船寺
  浄瑠璃寺
  長岳寺
  船宿寺
  久安寺
  楞厳寺
  法金剛院
  鶴林寺
  般若寺
  麻耶山天上寺
  趣味の書画
  ガーデニング
  雑記
  ご挨拶
  青翠ブログ
  サイトマップ

 
 
 
花の寺第二番 楞厳寺(りょうごんじ)
.
 
京都府綾部市舘町楞厳寺6
 TE
L:0773-47-0043
 
アクセス:
  JR山陰本線綾部駅から
  タクシー15分
  舞鶴若狭道綾部ICから西
  へ約5km
     
拝観料:境内は自由
  カラス襖絵拝観は要予約
 
駐車場:有り(30台)
        
  

静かに水をたたえた池に面してたたずむ楞厳寺はミツバツツジとカラスの襖絵で有名です。
また庫裏の前の池も、その近くにある池も7月中旬になれば一面ハスに覆われます。訪れた5月3日はツツジには遅すぎ、ハスには早すぎるため参拝者はちらほらでした。
庫裏前の山がツツジに彩られた様子を想像してみてください。

   
   *左の画像はパンフレットから拝借しました。

奈良時代に開かれた寺は多数の寺坊がありましたが、度重なる兵火で伽藍を焼失し、現在の堂宇は江戸時代中期のものだそうです。
境内は広く、庫裏前の池一帯と背後の山にまで広がります。その中に四国八十八か所めぐりが楽しめる小径があります。小径の両側からツツジが覆いかぶさるようにトンネルを作っています。ツツジの季節ならどんなに美しいことでしょう。
 
四国八十八か所巡りをしながらツツジのトンネルを歩きました。
花の寺はメインの花のシーズンに参拝できなくても見どころはいっぱいあります。さすが「花の寺」ですね。

境内で見つけた花です。


キンラン


クサイチゴ


シャガ


25か所の花の寺を巡り終えたら、今度はメインの花のシーズンにぜひ参拝したいものです。
今度こそきちんと予約して、カラスの襖絵も見せていただきましょう。



               ▲一番上に戻る 花の寺についてのページに戻る



       Copyright(C)すてきな熟年ライフ−花のあるくらし− All right reserved
楞厳寺の情報
 宗派:高野山真言宗

 ご本尊:
     薬師瑠璃光如来


 花の見頃

・ツツジ・桜
  (4月上旬〜)

・ハス
  (7月中旬〜8月下旬)


・サルスベリ
  (8月上旬〜)


・ハギ(9月上旬〜)

・紅葉(11月上旬〜)


・ツバキ(3月上旬〜)

周辺スポット


グンゼ記念苑

製糸産業の歴史を伝える施設